〜絵本の紹介〜

『コロにとどけみんなのこえ』

「ほんとにあった動物のおはなし」シリーズの中の一冊で、学校で飼われていた犬のコロのお話です。年長児になると本当にあったお話の絵本ということを伝えてから読み聞かせをすると、意味を理解して聞いているお友だちも多いです。

●作:今関 信子  ●絵:夏目 尚吾  ●出版社:株式会社教育画劇

『ねこのピート だいすきなしろいくつ』

ピートのお気に入りの白い靴の色が、どんどん変わっていきます。色が変わってもピートは泣きません。言葉の掛け合いも楽しく、途中の歌も繰り返しで、すぐに覚えられます。繰り返し読んでも楽しめますよ。

●作:エリック・リトウィン  ●絵:ジェームス・ディーン
●出版社:ひさかたチャイルド

『やさい』

身近な野菜が畑で育つ様子が絵になっています。幼稚園の畑でも毎年いろいろなお野菜を育てていて、そろそろ収穫の時期です。ちょっぴりお野菜が苦手なお友だちも、この絵本を読むと「食べてみようかな」と思えるかもしれませんよ。

●作・絵:平山 和子  ●出版社:福音館書店




 つつじが丘幼稚園では、平成15年から年間200冊の絵本読み聞かせ活動に力を入れてきました。幼児期から絵本を通じて、子どもたちの感性を豊かにし、言語の習得・想像力を育むことが大切だと考えるからです。絵本を通じて親子の心のつながりをより強いものにしたいと考えたのが「ブックスタート・プラス」プロジェクトです。
 入園の手続きをした子どもたちへ、幼稚園からささやかではありますが、絵本を1冊プレゼントさせていただきます。
 数多い絵本の中から、子どもたちが保護者の皆さんと楽しめ、発達段階にあった優れたものを先生方が12冊選びました。その中から保護者の皆さんに1冊選んでいただきます。
 この思いをご理解いただき、ぜひ有効活用し、これからの子育てに生かしていただければ幸いです。

INFORMATION

姉妹園のご案内

ACCESS

〒080-2475
北海道帯広市西25条南3丁目9
TEL:0155-37-4000
FAX:0155-37-3741