〜絵本の紹介〜

  

『じごくのそうべえ』

地獄への道に行くことになってしまったそうべえ・・・ 道中3人の仲間に出会い、4人揃って地獄の中で大暴れ!そうべえ達の姿に子ども達も大笑いの1冊ですよ(^^)

●作・絵:田島 征彦  ●出版社:童心社

  

『ねこざかなのはなび』

今夜はさざえじまの花火大会!ねこざかなはワクワクしながら花火が上がるのを待ちますがあるハプニングが起きて…。色鮮やかな絵も魅力的な1冊です。

●作・絵:わたなべ ゆういち  ●出版社:フレーベル館

『だるまちゃんとてんぐちゃん』

なかよしのだるまちゃんとてんぐちゃん。優しさ、ユーモア、発想など…色々なものが詰まった微笑ましくて楽しい1冊ですよ!

●作・絵:加古 里子  ●出版社:福音館書店

  

『だるまさんの』

だるまさんの…から始まり、目や手などが出てきて次は何が出てくるんだろうと子ども達もワクワクする絵本です。何度も読むことで子どもと一緒に楽しめる1冊ですよ!

●作:かがくい ひろし  ●出版社:ブロンズ新社




 緑陽台保育園では、年間200冊の絵本読み聞かせ活動に力を入れてきました。幼児期から絵本を通じて、子ども達の感性を豊かにし、言語の習得・想像力を育むことが大切だと考えるからです。絵本を通じて親子の心のつながりをより強いものにしたいと考えたのが「ブックスタート・プラス」プロジェクトです。
 入園の手続きをした子どもたちへ、保育園からささやかではありますが、絵本を1冊プレゼントさせていただきます。
 数多い絵本の中から、子どもたちが保護者の皆さんと楽しめ、発達段階にあった優れたものを先生方が12冊選びました。その中から保護者の皆さんに1冊選んでいただきます。
 この思いをご理解いただき、ぜひ有効活用し、これからの子育てに生かしていただければ幸いです。

INFORMATION

姉妹園のご案内

ACCESS

〒080-0315
河東郡音更町緑陽台仲区35番地9
TEL:0155-31-5815
FAX:0155-66-6360