〜絵本の紹介〜

  

『ともだちや』

「ともだちはいりませんか?」と友達を探し歩くキツネ。最後にオオカミと出会い、本当の友達″の意味を知っていくことのできる素敵なお話です。
年長さんの子ども達も、友達の意味を考えながら読むことができますね。

●作:内田 麟太郎  ●出版社:偕成社

  

『うみぼうずがでる!!』

うさこを驚かせたいおばけが化けるのは「うみぼうず」!うみぼうずになるために頑張るおばけの姿がとても可愛らしく、微笑ましい1冊です

●作:せな けいこ  ●出版社:ポプラ社

『ぐりとぐら』

みんな大好き!ぐりとぐらシリーズの1冊目!リズムの良い言葉と、動物の絵を指さしして親子で会話を楽しみながら読める絵本ですよ!

●作:中川 李枝子  ●出版社:福音館書店

  

『だるまさんが』

丸くて赤いかわいいだるまさんに子どもたちは興味津々。絵本のだるまさんのように体を左右に揺らしながらお話を聞いてくれるお友達もいますよ。繰り返し読んでも楽しめます。

●作:かがくい ひろし  ●出版社:ブロンズ新社




 緑陽台保育園では、年間200冊の絵本読み聞かせ活動に力を入れてきました。幼児期から絵本を通じて、子ども達の感性を豊かにし、言語の習得・想像力を育むことが大切だと考えるからです。絵本を通じて親子の心のつながりをより強いものにしたいと考えたのが「ブックスタート・プラス」プロジェクトです。
 入園の手続きをした子どもたちへ、保育園からささやかではありますが、絵本を1冊プレゼントさせていただきます。
 数多い絵本の中から、子どもたちが保護者の皆さんと楽しめ、発達段階にあった優れたものを先生方が12冊選びました。その中から保護者の皆さんに1冊選んでいただきます。
 この思いをご理解いただき、ぜひ有効活用し、これからの子育てに生かしていただければ幸いです。

INFORMATION

姉妹園のご案内

ACCESS

〒080-0315
河東郡音更町緑陽台仲区35番地9
TEL:0155-31-5815
FAX:0155-66-6360