〜絵本の紹介〜

『かいじゅうたちのいるところ』

日本図書館協会の選定図書にもなっている有名な絵本ですね。お母さんに怒られた主人公が、いつの間にか森にいて、かいじゅうたちと一緒に遊んだり踊ったり…。文章は少ないのですが、その分ゆっくりと絵の世界を楽しむことができる作品です。ストーリーに合わせて絵の大きさが変わっていて、迫力があるかいじゅうたちの絵にも引きつけられます。

●作:モーリス・センダック ●訳:神宮 輝夫 ●出版社:冨山房

『すみれとあり』

タイトルの通りすみれの花とアリさんのお話です。自分たちが生活している中でも出会うお花と虫の話で、身近に感じることができるようです。この絵本を読んだ後は、外遊びでアリを見つけるとじーっと観察し、興味を持つお友だちもいるんですよ。小学校の教科書にも載っているお話なので、数年後に「幼稚園で読んだ!」と思い出してくれるといいな〜と思います。

●作・絵:矢間 芳子  ●出版社: 福音館書店

『おじいさんと10ぴきのおばけ』

元気のないおじいさんとおじいさんの所に届けられたおばけたちのお話です。「おばけって怖いもの」と思っているお友だちも、この本を読むと「かわいいおばけだね」「やさしいね」とおばけへのイメージが変わるようですよ。おじいさんと仲良くなったおばけたちのお話がシリーズになっています。続きを読むのも楽しみですね。

●作・絵:にしかわ おさむ  ●出版社:ひかりのくに




 つつじが丘幼稚園では、平成15年から年間200冊の絵本読み聞かせ活動に力を入れてきました。幼児期から絵本を通じて、子どもたちの感性を豊かにし、言語の習得・想像力を育むことが大切だと考えるからです。絵本を通じて親子の心のつながりをより強いものにしたいと考えたのが「ブックスタート・プラス」プロジェクトです。
 入園の手続きをした子どもたちへ、幼稚園からささやかではありますが、絵本を1冊プレゼントさせていただきます。
 数多い絵本の中から、子どもたちが保護者の皆さんと楽しめ、発達段階にあった優れたものを先生方が14冊選びました。その中から保護者の皆さんに1冊選んでいただきます。
 この思いをご理解いただき、ぜひ有効活用し、これからの子育てに生かしていただければ幸いです。

INFORMATION

姉妹園のご案内

ACCESS

〒080-2475
北海道帯広市西25条南3丁目9
TEL:0155-37-4000
FAX:0155-37-3741