〜絵本の紹介〜

『ねずみのすもう』

秋田県に伝わる昔話です。絵本の中の挿絵ではネズミの動きが面白く、愛嬌があってかわいらしく描かれています。読み聞かせをするとお話に夢中になって、ついついネズミの応援に力が入ってしまう子ども達です。お爺さん、お婆さんの優しさに心温まるお話です。

●作:大川 悦生  ●絵:梅田 俊作  ●出版社:ポプラ社

『スイミー』

美しい絵や綺麗な表現描写で子ども達もお話の世界に入り込んで楽しみます。教科書に載るほどの有名なお話ですから、子ども達にも同じみなお話ですが、何度繰り返し読んでも楽しむことができますよ。

●作:レオ・レオニ  ●訳:谷川 俊太郎  ●出版社:好学社

『はれのひのおはなし』

幼稚園の子供たちは、かこさとしさんの絵本はどのお話もみんな大好きです。この「はれのひのおはなし」の他にも「あめのひのおはなし」「くもりのひのおはなし」とシリーズ化されている絵本です。絵本の中の登場人物が、お天気に合わせて様々な遊びを楽しみますよ。絵本を読んだ後に絵本の真似をして楽しむ姿も見られます。

●作・絵:かこさとし  ●出版社:小峰書店




 つつじが丘幼稚園では、平成15年から年間200冊の絵本読み聞かせ活動に力を入れてきました。幼児期から絵本を通じて、子どもたちの感性を豊かにし、言語の習得・想像力を育むことが大切だと考えるからです。絵本を通じて親子の心のつながりをより強いものにしたいと考えたのが「ブックスタート・プラス」プロジェクトです。
 入園の手続きをした子どもたちへ、幼稚園からささやかではありますが、絵本を1冊プレゼントさせていただきます。
 数多い絵本の中から、子どもたちが保護者の皆さんと楽しめ、発達段階にあった優れたものを先生方が12冊選びました。その中から保護者の皆さんに1冊選んでいただきます。
 この思いをご理解いただき、ぜひ有効活用し、これからの子育てに生かしていただければ幸いです。

INFORMATION

姉妹園のご案内

ACCESS

〒080-2475
北海道帯広市西25条南3丁目9
TEL:0155-37-4000
FAX:0155-37-3741