〜くらすだより〜


(0歳児)

 外はすっかり冬景色になり、クリスマス飾りで賑やかな園内は、あたたかな笑顔で溢れています。ふかふかの雪の上を歩き回ったり、雪の上に座って自分の足にサラサラと雪をかけたりと、思い思いに雪の感触を楽しんでいます。たいこ組さんが見つけてくれた霜柱を不思議そうに眺めたりと、冬ならではの自然に触れています。
 いっぱい遊んだ後は美味しい給食!最近のすず組さんは、スプーンですくって口へ運ぶのがとっても上手になりました。好きな食材を見つけると器用にそれだけをすくって食べる姿はとても微笑ましいです。全部きれいに終わった後は、自分で口を拭いて、エプロンとタオルを畳もうとしてくれるのです。大人が何も言わなくても自分から進んで身の回りのことをやろうとする場面が増えてきて、園での日課が身に付いてきているのだと感じています。
 自分で出来た嬉しい気持ちを受け止めながら、子どもたちの次のやる気に繋がるように寄り添っていきたいと思います。


(1歳児)

 子ども達が吐く息の白さに、冬の寒さを感じる12月。街中もキッズランドもすっかりクリスマスムード一色で、らっぱ組の子ども達も「サンタさんくるかな〜」「サンタさんに〇〇もらうの!」とクリスマスを心待ちにしています♪  
 先日は念願の雪が降り、早速スノーウェアを着て園庭で雪遊びをしました。スコップや玩具のスプーンを使って雪をすくったり、カップに雪を入れてアイスやかき氷を作ったり…。「つめた〜い!」と言いながら、今季初の雪遊びを楽しんでいました。まだまだ続く雪のシーズン。寒さに負けずに思いっきり楽しみたいと思います。  今年は自分でできるようになったことが沢山増えたらっぱ組さん。来年も色々なことにチャレンジしながら、元気いっぱいに過ごしたいと思います!


(2歳児)

 冷たい空気の中に降り注ぐ太陽の光で心も体もポカポカとして、元気いっぱいに駆け回るたいこ組の子どもたちです。
 地面には色づいた落ち葉が積もっており、足で踏むたびに音を鳴らし外遊びを楽しんでいます。「ふわふわ」していた落ち葉も「カサカサ」にへと変わり子どもたちはその感触と音を体全体で感じています。
 先日の外遊びで今シーズン初の霜柱を発見!足で踏んでみたり、触ってみたりしていると ある子が「どうしてこんなところに氷があるんだろう…」ととても不思議そうにつぶやいていました。発見と驚きに満ちた毎日が、子どもたちの心の成長、自由な発想、独創性につながっていくことを願っています。寒い日がこれから続くので健康管理に気を付けながら冬を迎えたいと思います。
 すず組さんの応援にも優しいまなざしで見守り、運動会の取り組みを通して、身体も心も一回り大きくなったようです。


INFORMATION

姉妹園のご案内

ACCESS

〒080-0016
帯広市西6条南16丁目9
TEL:0155-67-1676
FAX:0155-67-1678